ホームシアター オーディオ

ヤマハ、サラウンドとステレオ、2タイプのブルートゥースヘッドフォンYH-L700A、YH-L700Bを同時リリース
ヤマハはタイプの異なる2つのワイヤレスブルートゥースヘッドフォンを2月3日より発売します。AVアンプで培った3次元音場を再現するYH-L700Aと、音楽やゲームに没頭できるYH-L700Bがそれ。

デノンからも、Dirac Liveレディの一体型AVアンプ、AVR-X4800H発売
デノンは、AVサラウンドレシーバー「AVR-X4800H」を2月上旬に発売します。価格は313,500円(税込)。 AVR-X4800Hは、上位モデルのAVC-X6700Hなどと同じ国内の白河オーディオワークスで生産、全チャンネル同一構成のディスクリート、モノリス・コンストラクション・パワーアンプ搭載の高級一体型モデルの位置づけとなります。

骨伝導でも軟骨伝導でもない、ソニーの“ながら聴き”ヘッドフォン「Float Run」
ソニーは、耳の前にスピーカーが浮くワイヤレスヘッドフォン「Float Run(フロートラン)」を2月3日に発売します。

パナソニックから超短焦点レーザープロジェクターPT-CMZ50J登場
パナソニック コネクトは、液晶レーザー超短焦点プロジェクター「PT-CMZ50 J」を2023年度第1四半期(2023年4月〜6月)より発売すると発表しました。

「CES2023」オンラインも高音質時代!モニターとコンデンサーマイクが合体、オーディオテクニカ「StreamSet」
世界最大の見本市の一つ「CES 2023」が今年も1月5日に開幕。主催はConsumer Technology Association(CTA)で、もともと「CES」は国際家電見本市(Consumer Electronics Show)と称する家電のトレンドを占うイベントでしたが、近年は新たなテクノロジー全般を扱うようになっています。...

「CES2023」ソニー、モビリティとメタバース領域でエンタメの意義を訴求
世界最大の見本市の一つ「CES 2023」が今年も1月5日に開幕。主催はConsumer Technology Association(CTA)で、もともと「CES」は国際家電見本市(Consumer Electronics Show)と称する家電のトレンドを占うイベントでしたが、近年は新たなテクノロジー全般を扱うようになっています。...

ホームシアターでも高品質な配信がトレンドに──『ホイットニー』『アクロス・ザ・スパイダーバース』など新作もIMAX Enhanced版へ
Sony Pictures Entertainment(SPE)と、Xperi Inc.(NYSE: XPER)の子会社DTS, Inc.、IMAX Corporation(NYSE: IMAX)は、今後数年間においてSPEの複数の新作をホームエンターテイメント市場でIMAX Enhanced版として発売すると発表しました。

ソニーの新プロジェクターVPL-XW7000──これだけ揃ったらソニー流・超短焦点を期待せずにはいられない!
ソニーの2022年プロジェクターをご紹介いただける機会を得たので、ここに記します。

いよいよ自由に湾曲を変えられる有機ELテレビ登場!
自由に画面を曲げられるテレビ、いよいよ登場!LGエレクトロニクス・ジャパンは、手許のリモコンで平面から最大900Rまで20段階で曲率調整できる42インチ有機ELテレビ「LG OLED Flex」を、2023年1月18日(水)より発売すると発表しました。

[レビュー]エプソンEH-LS800 明るさは正義!ゆがみ補正も凄い、4K&レーザー&超短焦点プロジェクター[Part3・完]
肝心の映像ですが、エプソン独自の4Kエンハンスメントテクノロジーにより4K相当の高画質映像を実現。コントラスト比250万:1、HDR10に対応し、3LCD技術により、くっきりシャープで色鮮やかでありながら自然な肌色トーンの映像を大画面に映し出します。...

さらに表示する