プロジェクター×スクリーン、オーディオと暮らす

[NEWS]いい音&大画面が映える住宅インテリア最前線リポート

公共空間のインテリア⇔一般の住宅インテリア

 

2020年2月18日から21日まで幕張メッセで開催された「国際ホテル・レストランショー」では、前回書いたLIXILブースのほかにも住宅インテリア関連で沢山の魅力的なブースがあった。

 

この展示会は事業者向け。だから本来はホテルやレストラン向けの家具が展示される。しかし、そのまま家庭でも使えそう、というよりもむしろ、ちょっとセレブな家にお呼ばれした気分になる家具が目立った。

 

公共施設の場合、「オリンピック後は、より個性を発揮しなければブランドとして生き残れない」という危機感が背景にあるのかも知れないが、自分たちのアイデンティティを家具に込めて他と差別化する流れが加速していると感じた。

 

お店に求められる個性とカスタムの波。それは、「なんだか落ち着く」空間であるためには重厚すぎず、「なんだか素敵」と感じさせる親しみやすさを残す案配だ。

 

たとえば、岐阜県飛騨高山の家具ブランド、飛騨産業(HIDA)。洗練された自社工場と職人を抱えた完全国内生産にこだわっている。飛騨産業のコントラクト事業部の今回の展示は、「特注家具、承ります」。従来のラインナップをベースに、導入先の企業のニーズに合わせて、ファブリックや素材を特注化したモデルを展示して、個性的な店を演出するアイテムとしての活用を呼びかけていた。

 

 

また、パナソニックは、ユニットバス シャワールーム i-X INTEGRAL(イークス インテグラル)を展示。

「陰翳礼讃」というキャッチで、日本らしい月の光と影を表現する贅沢なシャワールームの世界観を見せた。ホテル向けなのだが、このようにリラックス空間に抽象的で自然環境の記憶を呼び覚ますような設えが、これまで取り残されてきたバスルームにも及んできたと感じた。

 

 

これからの時代、一般の住宅インテリア分野で求められる視点は何だろう?

 

若い人たちはよくお手本として”カフェのような居心地のいい空間”がいいと言う。

 

また、リノベーションで相談に訪れるとき、PintarestやInstagramで目にとまった写真を持ち込んで、イメージを伝える。被写体はもちろん、自宅や誰かの家よりも、”映える”ように設えられた、どこかにある公共空間だ。

 

そうなると、公共空間は一つの試金石として、一般家庭のインテリアの手本となっているわけだ。ここは毎度お馴染みの●●です、というような大手のチェーン店のどこか見慣れた空間は、人々に魅力的な空間として記憶に残らない。

 

だから、家庭用と業務用とは、必然的に区別がなくなっているし、これから一層その流れが促されるのは必然なのだ。

 

この空間の雰囲気を創り出しているのはどんなアイテムなのか、それをどう設えているのか。同じ服を着ても憧れのアイドルと同じ魅力を放つとは限らないように、審美眼と編集力を磨くのが大切だ。

 

「テレビバックにエコカラット」のその後

2020年2月18日から21日まで幕張メッセで開催された「国際ホテル・レストランショー」でのリクシルブースについて。

 

ちょっとオシャレなリビングにするなら「テレビバックにエコカラット」というイメージは、いまでも引き継がれている。

 

そんな、「主役の背景にエコカラット」は、最近では寝室のベッドのヘッドボード裏にも飛び火。アクセント壁紙のようにエコカラットプラスを採用する例が増えているという。

 

{注 エコカラットプラス:従来のエコカラットよりも調湿機能が向上し水拭き可能となった点が異なる]

 

もちろん、近年、心身を充電する場としての寝室を重視する意識が高まったことによって、エコカラットがもつ調湿や消臭機能が空気の籠もりがちな寝室にも相応しいという認識が広まったというのは想像できる。

 

しかしそれ以上に、寝室の意匠に合うエコカラットが充実してきたことが大きい。ホワイトの漆喰調一辺倒できたリビングダイニングでの壁の設えニーズに対して、寝室やトイレ、書斎といった”サブ”ルームでは、より個性的な空間が求められるが、10年前はそれに対応したダークで個性的な製品が不足していた。しかしエコカラット自身が毎年のように着実に進化し、当初は製造が難しかったダークなカラリングや、繊細なテクスチャを持ったバリエーションが格段に増えたのだ。

 

 

展示では、近年はエコカラットプラスの技術力を活かして異業種とのコラボレーションも多彩に展開しているのも目を惹く。

 

NITTO CERAと協働する「エコカラットDIYサービス」(ONDEMAND ECOCARAT)も、技術的な進化によって従来から熱望されていたニーズに応えたラインナップという意味では、同様の流れを汲む取り組みだ。これも、エコカラット自身が”塗装できる”ように進化しただけでなく、インクジェット技術の普及という外部的な要素と相まって、壁紙さながらに自由な絵柄をプリントできるエコカラットが製品化できた。

 

ONDEMAND ECOCARAT オンラインショップで、数千万点のイメージから好みのものを無料でデザインに選べるほか、自分の写真やイラストなどを持ち込んでタイル化することもできる。しかも、マグネットで壁に貼ることができるので、DIYとして取り組むにもオススメ。ゴールデンウィークに部屋の模様替えに取り組んだ方には、その総仕上げとして、家族の思い出の写真等を飾ってみては。

 

ちなみに、昨年まではオリンピック需要で新設、改装ニーズが多かったホテル。ここでも活躍を見せていたのがエコカラットプラスだったが、意外なニーズが。

 

チェックアウトから次のお客様のチェックインまでに迅速に清掃を済ませなければならない。もちろん空気もフレッシュなものに入れ替える。そのとき、たばこ臭は禁煙/喫煙の別が設けられているのであまり問題とならないが、近年問題となっているのが「キムチ臭」だという。

 

エコカラットを4㎡施工した客室43㎡では、夜食でキムチを食べて一泊したのちの部屋のニオイは、臭気濃度で80%改善。人の感覚においても、「受け入れられない」という人の割合が83%から66%へと17%改善したという。

 

このように、まだまだ可能性を秘めたタイルの世界。

 

個人的には、超短焦点プロジェクターの投影先にピッタリの壁面にうってつけの製品が欲しい。ホームシアターは文字通り”巣ごもり”の趣味なので、空気も汚れやすい。調湿・消臭機能は大きな武器となる。

 

それに”いい音”機能が加われば鬼に金棒だ。土と水に由来する焼き物であるタイルを使って音が悪くなるはずがないとおもうのだ。

 

散漫な記事となりましたが、今回はこんなところで。。

時間芸術を意識させるLINN series3

LINN series3

 

リリースでは「史上最高音質のワイヤレススピーカー」というキャッチが付けられている。

 

いま巷を賑わしているAIスピーカーとしての機能も、実はこのSeries3は搭載している。1本だけのモノラル再生も可能だ。

 

 

キャビネットは天然の鉱石を粉砕して成型したというが、マットな仕上げとティアドロップシェイプもあわせると、花瓶のように華やか。不遜に見えるだろうが正直に言うと、もしバルミューダがスピーカーを作ったらこんなデザインなるのかな、アリかも・・・と思った。

 

ティアドロップないしエッグシェルスタイルのスピーカーはKEFやECLIPSEなどこれまでもいくつか見られたが、きまって音の回折やらタイムドメインがどうとか機能的な「説明」が前に出る。

 

ところがseries3はアタマの部分がスパッと切られているのを根拠に、「ワイングラスかテイスティンググラスか」(リリース)と「感性」に訴える。モバイル用途でもないのに「特別な触り心地」を謳っているのだ。

 

そして天面のタッチパネル。

このサークルデザインは、先に発売されたSelekt DSMのトップに配置されたダイヤルと共通する。

もしかすると今後登場するLINN製品すべてのアイコンとなるかもしれない。

 

 

昭和から見た未来というか、永遠のSFデザインというか。時計の針のようなアナログ感覚もある。音楽も映画も時間芸術であることを意識させる。

 

 

果たしてそのサウンドだが、巷のいわゆるAIスピーカーの類いとは全くレベルが違う。

中身がSelekt同等だし値段も値段だから当たり前なのだが、30cmそこそこのブックシェルフスピーカーとは思えないほど朗々と鳴り、「何か問題でも?」とでも言いたげなぐらい立派なハイエンドオーディオシステムだ。

やっぱり時代はパッシブじゃなくてデジタルクロスオーバー&アクティブだと思わせる説得力がある。

 

 

Molteni&C(モルテーニ)新製品2020Spring

2020年2月5日、アルフレックスジャパンがモルテーニの新作発表会を開催した。

 

アルフレックスジャパンがモルテーニブランドを扱い始めて10年。モルテーニ東京ショールーム開設5年。そして、一昨年12月にオープンしたダーダ東京(Dada)の旗艦店も丸一年を経た。

近年は、キッチンブランドであるDadaを加えたことにより、ソフトコントラクトすなわちインテリア提案を含めたビジネスが拡大。昨年は森ビル六本木のサービスアパートメント(家具付きレジデンス)をリニューアル。二コラ・ガリッツィアが23戸のキッチンを含むインテリアデザインを手がけた。また、積水ハウス グランメゾン大濠公園10戸に標準装備された収納とキッチンもニコラが手がけた。マンションも立地と価格といった建築条件のみならず、日々の暮らしに直結するインテリアが選択の重要な要素になっていることを示している。

 

 

モルテーニグループがクリエイティブ・ディレクターにヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンを招聘して、5年を迎える。その過程で鮮明になったのは、総合ブランド=モルテーニならではの世界観として、マテリアルミックスを実現してきたことにある。

 

これをソファ「グレゴル(GREGOR)」で見てみよう。本作は3タイプのシートワイドと25のバリエーションで構成するモジュールソファ。ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンの手によるモルテーニの第4作目になるが、既存の「ポール(PAUL)」「ルーカス(LUCAS)」「アルベルト(ALBERT)」とは異なる特徴を備えている。

 

第一は、マテリアルミックスによる演出力。高さ67cmという低い重心、19cmのマット調で繊細なスチール脚、ソフトレザー貼りのベースが放つ異素材のコントラストが秀逸だ。

薄いパネルで構成される「ヒューベルト(HUBERT)」テーブルと組み合わせることでより一層建築的、理知的な印象が強調される。

 

二つ目は、様々な生活スタイルに対応する点。

シートがセパレートできるのに、境目がない不思議な構造。ボルスタークッションはテレビを観るのにちょうどよく、ヘッドレストが首をしっかり支えてくれる。

 

幅61cmのウィングアームは、テーブルの機能を持たせることもできるし、寝そべって首を載せるにもちょうどいい大きさになっている。

 

三つ目はいつでも美しい佇まいを保つ点。

マシュマロのような内部素材シュロラックスは、made in JapanのTEIJIN製。独自のウレタンを採用したシートクッションと相まって驚きの復元力をみせ、整合性の取れた美しいラインを維持してくれる。

 

四つ目は、いつまでも末永く使えるということ。

32のパーツで構成されているということは、裏を返せば、傷んだ部品のみを交換、メンテできることを意味する。もちろん、マンションなどへの搬入も容易だというメリットもある。

 

 

そのほかにも、伝統に囚われない新素材と新技術満載の製品が登場。

 

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンの手によるワードローブ「グリス マスター(GLISS MASTER)」。

30mmのフレームで構成し、壁面への固定が必要ないため、ガラス張りも可能。仕切り板がないことで、一覧性が高まった、というよりも、もはや収納でなくディスプレイ。トップグレードにはSYSTEMA7 Folding Pivot 180° Hinge Doorを用意(特許)。これは、上のみに蝶番がついた折り畳みのドアで、(1)片開きでは最大128cmのところ、この機構によって扉4枚分=256cmオープン可能となった、(2)天板に機構が内蔵されたので、通路(Passage)の扉としても活用できることにより、新しい住空間の可能性を示した。

 

つまり透過/非透過のパーテーションの役割も担うことで、パブリックとプライベートを絶妙に切り分けた住空間を創り上げることもできるというわけだ。

 

もはや家を固定するのではなく、上質な置き家具とコレクションを持って、様々な居住空間を求めて移動するのが上流の住まい方なのかもしれない。