プロジェクターやスクリーン、オーディオと暮らそう

[最新記事一覧]いい音&大画面が映える住宅インテリアのトレンド

土間&囲炉裏の古民家コンセプト? toyo kitchen styleの「KDS TRIANGLE」

2019年4月19日、トーヨーキッチンスタイルが東京・青山で新製品発表会を行った。

 

キッチンという設備の新製品お披露目とみるならば、従来のiNOシリーズに、どことなく和のテイストもある菱形模様の面材「METALLIC DIAMOND」を新たに追加したというにすぎない。

 

それよりも今回のキモは、間取りやライフスタイルの変化に対応した”提案”空間ゼロ動線「KDSトライアングル」にある。

 

昨今ワンルームが増えている住宅事情に鑑み、LDKの間取りを壁付けのパターナリズムから自由にするのが意図という。

 

かくしてキッチン、ダイニング、収納は部屋の壁から解放すると、必然的に収納もアイランド型にしなければならなくなった(アイランド型収納ISOLA)。

 

toyo kitchen styleは、いつも独自路線のようにみえて、実は市場のニーズに柔軟に応えんがための「コンセプト提案」が毎回愉しい。

 

テレビはココ、するとリビングとダイニングはここになって、キッチンは・・・というのとは逆の、家族みんなでワクワクしながらの家づくりを促す商品開発には、いつもながら感心させられる。

 

考えてみればコレ、土間を上がって、囲炉裏を囲んで、というイメージに重なる・・・そんな感じがやっぱり日本人には合っているのかも、と思わせる発表だった。

 

※詳しくはnoteへ。。

令和でロングセラーを狙うチェア=コタン。

カンディハウスから新作「KOTAN(コタン)」が発表された。今年1月のケルン国際家具見本市でデビューし、発売は5月を予定している。

 

丸い座に、丸棒の脚、アーム、背。永らくカンディハウスの顔でありベストセラーでもある丸座のRUNT OM(ルントオム)を継ぎ、令和にはじまるロングライフを目指した作品だ。

 

デザイナーは、深澤直人さん。カンディハウスとのコラボは、2015年のKAMUY(カムイ)、2018年のYUKAR(ユカラ)に次ぐ3作目となった。

 

「自分の中にデジャヴがあり、すっと出たアイデアがそのまま無理なく形になった。カラダが拒否しないデザインに仕上がった」(深澤さん)

 

 

ルントオム同様使い場所を限定しないので、単体のほか、ダイニングやカフェ、コントラクトでも組める。ただコントラクトベースの廉価品というイメージがまったくないのは、シンプルでありながらも仔細に亘る作り込みの成果だろう。

 

「シンプルなデザイン」・・・いえば一言だが、製品に仕立てるのは至難だったという。

 

座面裏側のXのアーチに注目が集まる中、実はもっとも困難を極めたのは、デザイン上もひとつのアクセントになっている、背とアームの接合部。背もたれを支えると共に、立ち上がるときには両手を掛けて体重がのしかかる割には、構造上懐に余裕がなく、強度を出すのに苦労したという。ただ差し込むだけではダメで、いちど掘り込んでから継いでいる云々というのだが・・・このあたりは、6月の旭川デザインウイークに際して開催される同社のファクトリーツアーで見学できるようお願いしたい。

 

個人的にもっとも目を惹いたのはグレイ。価格もルントオムとほぼ同じリーズナブルに抑えられ、若いファミリーが手にして長く愛でるロングセラーとして注目されていい。

 

※詳しくはnoteへ。。

 

女性はブルー色に敏感、という説。

 

雪がちらつく2月中旬。PORTER'S PAINTSでおなじみのNENGOさんに伺ったときのことをここに。スタッフの皆さんの屈託のない笑顔がひたすら思い出される。

 

PORTER'S PAINTSは、ペイントの中でいちばん顔料の種類が多いのも特徴だ。16色もあり、とくに茶系が多い。そのため、室内空間全体を包み込むような、居心地の良い、自然な暮らしの色が作りやすいのだという。

 

それを実現しているのは、顔料自体が天然由来の草木や砂、土などを使っているため、光の当たり方によって見え方が自然に移ろうから。そんな話を聞きながら眺めてみると、4K/8Kだのといかにカメラやディスプレイが高性能になっても及ぶことのない人間の視覚能力、そして自然の神様が作った天然資源の美しさに改めて気づかされる。もはや感性の領域だ。

 

 

自然界への畏敬ともとれる色の数々は、お客様の意向を聞いてTINTER(ティンター、調色師)によって案件毎に「ヒューマンメイド」される。そして過去の施工例はすべて、実際の色サンプルと共にレシピとしてファイリングされる。

 

TINTルーム(調色室)にはTINTマシーンがあり、16色の顔料をレシピ通りに配合してくれる機械がある。経歴2年半ほどの渡辺あづささんの前職はアパレル業界とのことで、色の感度は高いはず。

 

また、NENGOさん曰く、女性の方が色の違いには敏感。とくにブルー系の繊細な違いには鋭く反応するとのこと。映像作品の画質について云々する雑誌を編集していた私にも初耳だったが、NENGOでは刷毛で実際にペイントする職人のお二人も女性ということで感心した。

 

ということで、WEBで検索してみるとこんな記事が。ちょっと趣旨が違う気がするが、頭に入れておいていいだろう。

※ニューヨーク市立大学ブルックリン校の心理学教授、イズリエル・エイブラモフ氏

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6703/

 

照明は暗みをつくる。光合成装置としての葉。

2019年3月に発表されたアンビエンテックの新製品を体験してきた。

 

ひとつめのTURN(ターン)は、「暗みをつくる灯り」をテーマに夜を特別な時間にするために、人が集まる中心に置くテーブルランプとして考えられた。3種類の金属削り出しで成型し、暗闇で触感を楽しむ演出。

 

一方のSage(セージ)は、ハーブのセージに由来。太陽に代わって光の源となる照明というものの根源に遡ったともいえる意欲作で、光合成装置である葉を○とIだけでデザインしたもの。

 

驚いたのは、見て欲しいと言わんばかりに色が異なるLED素子が並ぶ”葉”の裏側。葉脈からインスピレーションを受けたという。

 

どちらもデザインはニューヨークを拠点に活躍する田村奈穂さん。気さくな語り口の中にも繊細な洞察力と芯の強さが漲っているように感じた。

照明器具なのか、設備なのか。

日本FLOSが、ミラノサローネでを前に赤羽橋のショウルームをリニューアル。2019年春発売予定の新作が登場した。

 

注目はWIRERING。照明のミニマリズムを表現すると共に、フロアランプなのかウォールランプなのか、照明器具なのか設備なのかといった区別も超越しているから、写真も正直どう撮って良いのか分からない代物だ。

 

デザインしたFormafantasma(フォルマファンタズマ)は、歴史や伝統、文化的な脈絡を調査、重視してデザインすることをモットーとしているとか。照明の根源的な部分を見つめ直し、従来の照明カテゴリーの見直しを迫る意欲作とみた。