プロジェクターやスクリーン、オーディオと暮らそう

[最新記事一覧]いい音&大画面が映える住宅インテリアのトレンド

土間&囲炉裏の古民家コンセプト? toyo kitchen styleの「KDS TRIANGLE」

2019年4月19日、トーヨーキッチンスタイルが東京・青山で新製品発表会を行った。

 

キッチンという設備の新製品お披露目とみるならば、従来のiNOシリーズに、どことなく和のテイストもある菱形模様の面材「METALLIC DIAMOND」を新たに追加したというにすぎない。

 

それよりも今回のキモは、間取りやライフスタイルの変化に対応した”提案”空間ゼロ動線「KDSトライアングル」にある。

 

昨今ワンルームが増えている住宅事情に鑑み、LDKの間取りを壁付けのパターナリズムから自由にするのが意図という。

 

かくしてキッチン、ダイニング、収納は部屋の壁から解放すると、必然的に収納もアイランド型にしなければならなくなった(アイランド型収納ISOLA)。

 

toyo kitchen styleは、いつも独自路線のようにみえて、実は市場のニーズに柔軟に応えんがための「コンセプト提案」が毎回愉しい。

 

テレビはココ、するとリビングとダイニングはここになって、キッチンは・・・というのとは逆の、家族みんなでワクワクしながらの家づくりを促す商品開発には、いつもながら感心させられる。

 

考えてみればコレ、土間を上がって、囲炉裏を囲んで、というイメージに重なる・・・そんな感じがやっぱり日本人には合っているのかも、と思わせる発表だった。

 

※詳しくはnoteへ。。

令和でロングセラーを狙うチェア=コタン。

カンディハウスから新作「KOTAN(コタン)」が発表された。今年1月のケルン国際家具見本市でデビューし、発売は5月を予定している。

 

丸い座に、丸棒の脚、アーム、背。永らくカンディハウスの顔でありベストセラーでもある丸座のRUNT OM(ルントオム)を継ぎ、令和にはじまるロングライフを目指した作品だ。

 

デザイナーは、深澤直人さん。カンディハウスとのコラボは、2015年のKAMUY(カムイ)、2018年のYUKAR(ユカラ)に次ぐ3作目となった。

 

「自分の中にデジャヴがあり、すっと出たアイデアがそのまま無理なく形になった。カラダが拒否しないデザインに仕上がった」(深澤さん)

 

 

ルントオム同様使い場所を限定しないので、単体のほか、ダイニングやカフェ、コントラクトでも組める。ただコントラクトベースの廉価品というイメージがまったくないのは、シンプルでありながらも仔細に亘る作り込みの成果だろう。

 

「シンプルなデザイン」・・・いえば一言だが、製品に仕立てるのは至難だったという。

 

座面裏側のXのアーチに注目が集まる中、実はもっとも困難を極めたのは、デザイン上もひとつのアクセントになっている、背とアームの接合部。背もたれを支えると共に、立ち上がるときには両手を掛けて体重がのしかかる割には、構造上懐に余裕がなく、強度を出すのに苦労したという。ただ差し込むだけではダメで、いちど掘り込んでから継いでいる云々というのだが・・・このあたりは、6月の旭川デザインウイークに際して開催される同社のファクトリーツアーで見学できるようお願いしたい。

 

個人的にもっとも目を惹いたのはグレイ。価格もルントオムとほぼ同じリーズナブルに抑えられ、若いファミリーが手にして長く愛でるロングセラーとして注目されていい。

 

※詳しくはnoteへ。。

 

女性はブルー色に敏感、という説。

 

雪がちらつく2月中旬。PORTER'S PAINTSでおなじみのNENGOさんに伺ったときのことをここに。スタッフの皆さんの屈託のない笑顔がひたすら思い出される。

 

PORTER'S PAINTSは、ペイントの中でいちばん顔料の種類が多いのも特徴だ。16色もあり、とくに茶系が多い。そのため、室内空間全体を包み込むような、居心地の良い、自然な暮らしの色が作りやすいのだという。

 

それを実現しているのは、顔料自体が天然由来の草木や砂、土などを使っているため、光の当たり方によって見え方が自然に移ろうから。そんな話を聞きながら眺めてみると、4K/8Kだのといかにカメラやディスプレイが高性能になっても及ぶことのない人間の視覚能力、そして自然の神様が作った天然資源の美しさに改めて気づかされる。もはや感性の領域だ。

 

 

自然界への畏敬ともとれる色の数々は、お客様の意向を聞いてTINTER(ティンター、調色師)によって案件毎に「ヒューマンメイド」される。そして過去の施工例はすべて、実際の色サンプルと共にレシピとしてファイリングされる。

 

TINTルーム(調色室)にはTINTマシーンがあり、16色の顔料をレシピ通りに配合してくれる機械がある。経歴2年半ほどの渡辺あづささんの前職はアパレル業界とのことで、色の感度は高いはず。

 

また、NENGOさん曰く、女性の方が色の違いには敏感。とくにブルー系の繊細な違いには鋭く反応するとのこと。映像作品の画質について云々する雑誌を編集していた私にも初耳だったが、NENGOでは刷毛で実際にペイントする職人のお二人も女性ということで感心した。

 

ということで、WEBで検索してみるとこんな記事が。ちょっと趣旨が違う気がするが、頭に入れておいていいだろう。

※ニューヨーク市立大学ブルックリン校の心理学教授、イズリエル・エイブラモフ氏

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6703/

 

照明は暗みをつくる。光合成装置としての葉。

2019年3月に発表されたアンビエンテックの新製品を体験してきた。

 

ひとつめのTURN(ターン)は、「暗みをつくる灯り」をテーマに夜を特別な時間にするために、人が集まる中心に置くテーブルランプとして考えられた。3種類の金属削り出しで成型し、暗闇で触感を楽しむ演出。

 

一方のSage(セージ)は、ハーブのセージに由来。太陽に代わって光の源となる照明というものの根源に遡ったともいえる意欲作で、光合成装置である葉を○とIだけでデザインしたもの。

 

驚いたのは、見て欲しいと言わんばかりに色が異なるLED素子が並ぶ”葉”の裏側。葉脈からインスピレーションを受けたという。

 

どちらもデザインはニューヨークを拠点に活躍する田村奈穂さん。気さくな語り口の中にも繊細な洞察力と芯の強さが漲っているように感じた。

照明器具なのか、設備なのか。

日本FLOSが、ミラノサローネでを前に赤羽橋のショウルームをリニューアル。2019年春発売予定の新作が登場した。

 

注目はWIRERING。照明のミニマリズムを表現すると共に、フロアランプなのかウォールランプなのか、照明器具なのか設備なのかといった区別も超越しているから、写真も正直どう撮って良いのか分からない代物だ。

 

デザインしたFormafantasma(フォルマファンタズマ)は、歴史や伝統、文化的な脈絡を調査、重視してデザインすることをモットーとしているとか。照明の根源的な部分を見つめ直し、従来の照明カテゴリーの見直しを迫る意欲作とみた。

 

 

 

土岐麻子さんの透明感。

314日に、SONYの新しいグラスサウンドスピーカー、LSPX-S2ローンチイベントに参加しました。

 

タイトルは、「THE GLASS SOUNDS feat. 土岐麻子 プレミアムライブ」。

 

ヴォーカルはもちろん土岐さんで、バックには楽隊を構成するスピーカーが。左一列がドラム、右一列がベース、中央二列がピアノ、前4つがサックスだそう。

 

LSPX-S2のキャンドルライトモードが醸し出す光と清透なサウンド。

 

演奏後に土岐さんは、「音にクセがなく、作品の意図通り再現している印象です。仕事柄普段硬いモノに囲まれているので、こうした優れたデザインのものをリビング、ベッドルーム、キッチン、ベランダ、バルコニーなどの生活空間に置き、特別な時間を過ごしているという気分に浸りたいですね」とおっしゃっていました。

 

詳しくは動画とともにnoteに記載しています。

 

テクノロジーは一歩下がり、自然と共生し居所のたくさんある住まい〜YKK AP×リビタ「広がる屋根」を見学

YKK AP×リビタ 「性能向上リノベーション」プロジェクト「広がる屋根」は、築37年の木造住宅(評点0.47)をリノベーション(評点1.54)。大きく非対称な草の屋根を持ったこの家は、「断熱・耐震性能の向上を図るだけでなく、自然エネルギーとの共生を図る住まい方の提案」であるという。

 

YKK AP×リビタ「性能向上リノベーション」プロジェクト「広がる屋根」を見学。詳しくはnoteに記したが、YKK APの技術による耐震性能・断熱性向上、リビタによる住宅性能の数値化は資産価値として重要だが、設計を担当した納谷新さんのお話しが印象的だった。

 

一杯のコーヒーがおいしく、季節を感じる家。「誰かに住み方を提案されるのではなく、使い手がアップデートを受け入れられる家が好ましい」

 

建物としての性能向上のみならず、情報の可視化と暮らし方提案が大切。そして最後は人だという結論が優しく心に響いた。

moooiの新作照明The Partyって。ひょっとして血祭り??

 

moooi(モーイ)新商品発表会を拝見しに東京・表参道のmoooi TOYO KITCHEN STYLEショールームに行きました。

 

マルセルワンダースのデザインによるPet Light(ペット ライト)はフロストガラスに仕込まれたハロゲン光源が美しく調光。テーブルサイドというよりはベッドサイドに置きたい(ちょっと大きいが)。

 

驚いたのは、The Party(ザ・パーティ)。デザイナーはmoooi初登場のオランダ人青年コンビ、Kranen/Gille(クラネンとジル)。モア・モーイ・モーメンツという、サローネなど特定の時期とは無関係に発表され、リリースと同時に全世界で現物が展示・販売可能となる制度の第一弾だそう。

 

そんな高さ22センチの5つのお面型照明は、マットな焼き物の素材を活かしたような仕上がりに、一見ほっこり、ないしかわいい!と叫んでしまいそう。 5人のうち、Tedがもっともノーマルで、ほかの4つはそのバリエーション・・・なんて思いながら、それぞれのプロフィールと眺めていると、???なのだ。

 

ひょっとして、Cocoのワンナイトでできちゃった双子の男の子と骨肉の争い・・・なんて感じ? 日本で言えば大奥か何かわからないが、お家騒動的な様相を呈している模様です。

 

ハレの場では愛嬌のある5人の顔が、部屋を暗くして照明を灯すと様相が一変! 彼らの隠された関係性が浮かび上がるというワケ。ああ、だからFamilyじゃなくてPartyなのね、、とか妙に納得できるかい、そんなの。。

 

そんな背景を知ってしまうと「あなたはどれが好み?」なんて迂闊に聞けないかも。

 

詳しくは。。

https://www.moooi.com/jp/products/party

 

黄金比、生命力。自然の根源を感じるYAMAGIWAのT2オマージュ作発表会

フランク・ロイド・ライトの手によって生み出されたタリアセンは、YAMAGIWAがアメリカのフランク・ロイド財団より94年から国内ライセンスをもとに製造を許されている。昨年にはフランク・ロイド・ライト生誕150周年を記念し、タリアセン2(T2)の限定モデルを発表したが、今回はその第2弾として、建築家の伊東豊雄さん、デザイナーの皆川明さん、彫刻家の名和晃平さんによるオマージュ作品をリリースした。

 

11月21日に東京・品川のT-ART HALLで行われたプレスプレビューでは、これらが一堂に集めてインスタレーションが施され、各作品のコンセプトが語られた。

 

 

 

続きを読む

100年前にタイムスリップ。オリジナルの鋳型を元に日本でリバイバル

照明器具O.C.Whiteは、1883年にマサチューセッツ州の歯科医であるOtis C.Whiteが、自身の仕事道具として発明。94年にはO.C.Whiteカンパニーを設立し、機械照明ブランドの地位を確立する。

 

機能美こそデザインと思わせる今回発売したVintage O.C.Whiteの原型も、19世紀末~20世紀初頭には発売され、近年はインテリアデザイナーやファッションデザイナーの間で愛好されており、オリジナルのビンテージ品の価値はひじょうに高い(アメリカで2600ドル~3200ドルが相場)。

 

とくに、デスク/フロアスタンドのレッグ部分やコーンジョイントと呼ばれるハンドルは、O.C.Whiteのアイコンとして人気が高く、このパーツが付いているだけで価格は倍になるという(4800ドルほど)。

 

「Vintage O.C.White」は、その数々の上質なヴィンテージ品を鋳型と図面に至るまでコレクションし、良さを知り尽くしたW.WORKSだから、本国の許可を得てリリースできた。いわば100年前のオリジナルを忠実に復刻するいう前代未聞のプロジェクトとなった。

 

価格も97,000円+税から295,000円+税までとひじょうにリーズナブル。100年前のオリジナルの名作が、日本で、新品で手に入る。日本には最高のものがあると自慢したくなる、そんな逸品だ。

 

 

[問合せ先]W.WORKS

 

東京・田町にあるヴィンテージショップ。オーナーの深田雅之さんがインテリア・ファッションブランドを手がける中で巡り会った家具を楽しめるお店として5年ほど前にオープン。北欧からアメリカまでジャンルを問わず、いい時代のいいデザイナーのオリジナル作品ばかりが集められ、ピカピカの状態で展示・小売りされている。

東京都港区海岸3-5-10

w-works-jp.com