· 

非業の最期を遂げたオジー・オズボーン・バンドの初代ギタリスト描く『ランディ・ローズ』予告映像

天才ギタリスト、ランディ・ローズのドキュメンタリー映画11月11日公開

オジー・オズボーン・バンドの初代ギタリストで没後40年になる天才ギタリスト、ランディ・ローズのドキュメンタリー『ランディ・ローズ』が、11月11日(金)より公開されます。このたび、予告映像と場面写真が公開されました。

この度解禁された予告映像では、オジー・オズボーン・バンド初代にして最高のギタリスト、ランディ・ローズのライヴなど貴重な映像が満載。

 

クワイエット・ライオットのメンバーが「ランディは絶好調だった。一気に話題になった」と当時を振り返り、関係者たちが「もの凄い爆音でギターの音が直撃だったわ」「スターの原石だと思った」と、当時の衝撃を語っています。

 

さらにランディ自身の肉声も交え、伝説のギターヒーロー、ランディ・ローズがスクリーンに蘇る日への期待が高まります。

 

併せて公開された場面写真では、ランディ・ローズがライヴで楽しそうにギターを鳴らす姿や、クワイエット・ライオットのメンバーとの写真やオフショットなどが切り取られています。

突如訪れたロックスターの悲劇…その死の真相と偉大なる軌跡を記録した傑作ドキュメンタリー

本作品は、80年代に端正なルックスと華麗なるギタープレイで世界を魅了した天才ギタリスト、ランディ・ローズの生涯を描いています。

 

ランディ・ローズは、自身のバンド、クワイエット・ライオットでのプロデビューは日本のみで、全米デビューは果たせませんでした。その後、オジー・オズボーン・バンドへの抜擢により転機が訪れます。

 

“闇の帝王”オジーと“天使”のランディ──相反する2つの個性のぶつかり合いは極上の化学反応を巻き起こしました。

 

刺激的でキャッチーなギターリフは、時にオジーのヴォーカル以上に耳に記憶され、哀愁を帯びたギターソロは、無駄な音は一音も無い完璧なフレージングで聴く者の心を鷲掴み!一気にギターヒーローとなりました。

 

しかし人気絶頂期の全米ツアー中に起きた、突然の悲劇…。一人のギター少年がロックスターへと昇華する瞬間、そして悲劇的な最期までを克明に捉えた、全音楽ファン必見の傑作ドキュメンタリーとなっています。

 

監督は、アメリカの伝説的HIP HOPグループN.W.Aの真実を暴くドキュメンタリー『N.W.A & EAZY-E:キングス・オブ・コンプトン』などを手掛けたアンドレ・レリス。脚本と編集をマイケル・ブルーイニング、ナレーションをL.A.ガンズのトレイシー・ガンズが担当し、クワイエット・ライオット時代の貴重なライヴ映像や肉声インタビュー、プライベートショットをフィーチャー。更に、オジー・オズボーンや、同時代にデビューしギターヒーローへと昇華したエディ・ヴァン・ヘイレン、ランディを敬愛するミュージシャンやギター・テック、ランディの母や兄弟などの貴重なインタビューも多数収録されています。

 

『ランディ・ローズ』は、新宿シネマカリテ、渋谷シネクイントほかで2022年11月11日より全国ロードショー。

[作品情報]『ランディ・ローズ』

原題:RANDY RHOADS:Reflections of A Guitar Icon

出演:ランディ・ローズ、オジー・オズボーン、エディ・ヴァン・ヘイレン、ルディ・サーゾ、フランキー・バネリ、ジョージ・リンチ、ゲイリー・ムーア、ダグ・アルドリッチ、ジョエル・ホークストラ、ブ ルース・キューリック、ドゥイージル・ザッパ/ナレーション:トレイシー・ガンズ

監督:アンドレ・レリス 

脚本・編集:マイケル・ブルーイニン

2022 年/アメリカ/英語/カラー/シネスコ/5.1c/92 分

字幕監修:上田慎也(ヤング・ギター) 

提供:ニューセレクト 

配給:アルバトロス・フィルム 

後援:文化放送

 

 公式 HP:https://randy-rhoads.jp

 

©RANDY RHOADS: LEGEND, LLC 2022