· 

リアルな身代金受け渡しシーンに戦慄…『母の聖戦』本編映像

メキシコ誘拐ビジネスの実態『母の聖戦』1月20日よりロードショー

メキシコ誘拐ビジネスの実態を背景に、子どもを誘拐犯から取り戻す母親の愛と執念を描く『母の聖戦』が、いよいよロードショー公開中。このたび、犯人に身代金を受け渡す本編映像が公開されました。

公開された本編映像は、誘拐された娘の身代金を、母シエロが元夫と共に必死でかき集めた15万ペソ(日本円で約100万円)と車を犯人グループに手渡すシーン。

 

娘のラウラの姿はそこになく、シエロが問いただすと犯人たちは「15分後に墓地の前で解放する」と言い残し、車で走り去ってしまいます。

 

頼りにしていた元夫は「予想した展開と違ってた...」と呆気にとられた様子でまるで役に立たない。その後、約束された墓地で日が沈み暗くなるまで待っても戻らない娘を想い、声を殺して泣くシエロ。母親の悲痛な思いが伝わってきます。

 

このシーンは主人公のモデルとなったミリアム・ロドリゲスの実体験が基になっており、身代金を犯人に渡し、「娘は墓地で解放する」と言われたが、いつまで待っても娘は姿を見せず夜になるまで墓地で待ち続けていたといいます。果たして娘のラウラは無事に戻ってくるのでしょうか...?

軍と協力。そこで目の当たりにした、犯罪組織の実態

 (C)MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS&TEOREMA
(C)MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS&TEOREMA

テオドラ・アナ・ ミハイ監督の劇映画デビューとなった本作は、現代ヨーロッパを代表する名匠のダルデンヌ兄弟、『4ヶ月、3週と2日』でカンヌ映画祭パルムドールに輝いたクリスティアン・ムンジウ、『或る終焉』で知られるメキシコの俊英ミシェル・フランコがプロデューサーとして参加しています。

 

メキシコ北部の町で暮らすシングルマザー、シエロのひとり娘である十代の少女ラウラが犯罪組織に誘拐。要求に従い20万ペソの身代金を支払っても、ラウラは帰りません。警察に相談しても相手にしてもらえないシエロは、自力で娘を取り戻すことを胸に誓い、犯罪組織の調査に乗り出します。

 

その最中、軍のパトロール部隊を率いるラマルケ中尉と協力関係を結び、組織に関する情報を提供したシエロは、誘拐ビジネスの闇の血生臭い実態を目の当たりにします。人生観が一変するほどのおぞましい経験に打ち震えながらも、行方知れずの最愛の娘を捜し続けるシエロは、いかなる真実をたぐり寄せるのでしょうか......?

 

『母の聖戦』は、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国ロードショー公開中。

[作品情報]

『母の聖戦』

監督:テオドラ・アナ・ミハイ 

製作:ハンス・エヴァラエル 

共同製作:ダルデンヌ兄弟、クリスティアン・ムンジウ、ミシェル・フランコ 

出演:アルセリア・ラミレス、アルバロ・ゲレロ、アジェレン・ムソ、ホルヘ・A・ヒメネス

2021年/ベルギー・ルーマニア・メキシコ合作/135 分/カラー/スペイン語/5.1ch デジタル/ビスタサイズ

字幕翻訳:渡部美貴 映倫 G 

配給:ハーク 

配給協力:FLICKK 

宣伝:ポイント・セット 

https:// www.hark3.com/haha

 (C)MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS&TEOREMA